花粉症に効く漢方薬

この時期、花粉症で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ビラノア、デザレックス、アレグラ、クラリチンなど運転注意喚起不要の眠くなりにくいアレルギー薬も登場しているのですが、漢方薬の方が好きという方もいらっしゃるでしょうから花粉症に効く漢方薬について説明します。漢方は即効性がないと思われがちですが、間違いです。すぐに症状がとれるものもたくさんありますので是非ともご相談ください。

 辛夷清肺湯(しんい・せいはいとう)  ~抗炎症作用~

匂いが感じにくくなったり、鼻の乾燥感や鼻閉感が強い鼻症状(膿性鼻汁が主体)に効果的です。


 葛根湯加川芎辛夷(かっこんとう・か・せんきゅう・しんい)~上と下2つの漢方薬の中間の位置~

項背部痛に効く葛根湯、鼻症状に効く川芎と辛夷が配合されれております。鼻閉感が強い鼻症状(鼻汁は水様・膿性のいずれも可)に効果的です。

 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)~温める作用~

アレルギー性鼻炎の漢方薬として有名ですが、透明水様鼻汁症状に効果的です。発汗作用、温める作用、鎮咳去痰作用があり、悪寒・水様鼻汁・喀痰・咳嗽によく効きます。


 麻黄附子細辛湯(まおう・ぶし・さいしんとう)~温める作用~

小青竜湯と同じく、水様鼻汁症状に効果的です。手足の冷えで苦しみ、倦怠感が強い症状を伴う状態に処方される漢方です。アレルギー症状強く小青竜湯でもあまり改善しない場合に麻黄附子細辛湯に変更して改善することがありますが、含有する麻黄にはエフェドリンが主成分であり大量に内服してしまうと血圧上昇、心筋梗塞、脳卒中、尿閉のリスクが高くなるので注意が必要です。

以上、症状に合わせて処方いたしますのでご相談ください。

Author: 五藤 良将