竹内内科小児科医院

大田区の内科,小児科なら、竹内内科小児科医院

〒145-0072 東京都大田区田園調布本町40-12-201 TEL 03-3721-5222
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

糖尿病を知ろう

糖尿病かなと思ったら

糖尿病は代表的な生活習慣病の1つで、糖尿病が強く疑われる者と糖尿病の可能性を否定できない者は全国に2,050万人いると推定されています(平成24年国民健康・栄養調査)。
糖尿病は血糖値をコントロールするインスリンの働きが低下することによって血糖値が慢性的に高まる病気です。血糖値が高まると血管が傷つけられることでさまざまな合併症が生じます。
糖尿病は過食や運動不足に遺伝的要因が加わって発症します。下記のような症状がある方は糖尿病の疑いがあると考えてよいでしょう。

□このごろ太ってきた
□下腹部がかゆい
□食べても食べてもやせる
□手足がしびれたり、ピリピリする
□とても喉がかわく
□視力が落ちた気がする
□食欲がありすぎていくらでも食べられる
□立ちくらみがある
□疲れやすい
□おしっこの回数が増えて、量も多い
□甘いものが急にほしくなる
□尿のにおいが気になる
□少々のやけどや傷の痛みを感じない
□全身がだるい
□おしっこが出にくく、残尿感がある
□足がむくむ、重くなる
□肌がかゆい、かさつく

厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/tounyou/check.html

40歳以上の方は職場や自治体が実施する特定健康診断の結果、糖尿病の疑いがある場合には指摘があるはずですので、毎年、忘れずに受けましょう。そうした機会を逃した方でも、血液検査と尿検査という簡単な検査でわかります。心配な方は最寄りの診療所で検査を受けてみましょう。

 

糖尿病の怖さは

糖尿病が疑われる人の約4割はほとんど治療を受けたことがないといわれています。初期には痛みなどの自覚症状がなく、生活に支障がないからです。しかし、糖尿病の怖さは自覚症状がほとんどないのに進行し、さまざまな合併症をひき起こす点にあります。
糖尿病に特有の合併症として、糖尿病神経障害(手足のしびれや壊疽)、糖尿病網膜症、糖尿病腎症があげられます。糖尿病が原因の視覚障害の発生は年間約3,000人、糖尿病による腎臓障害で人工透析を始める人は年間約1万5、000人に上ります。血糖をコントロールせずに放置しておくと、糖尿病発症から10~15年後でこうした合併症が出てきます。また、動脈硬化が進み、高血圧・脳卒中・心筋梗塞のリスクが高まります。
しかし、初期の段階で気づいて食事療法や体を動かすことで血糖をコントロールすれば、悪化を防ぐことができ、生涯にわたって普通の生活を送ることが可能な病気でもあるのです。

 

治療の流れ

糖尿病は早期発見・早期治療が重要です。健診等で血糖値が高いといわれたら、医師に相談しましょう。初期の段階にある方の治療の基本は食事療法と運動療法です。この段階では肥満の改善だけでも糖尿病は大幅に改善します。後は、定期的に血糖値の検査を受けることで進行を防ぎましょう。軽度の方であれば、3~6か月に1回程度の検査で良いでしょう。
病気が進行すると薬物療法(経口剤、インスリン注射等)が必要になります。経口剤にはさまざまな種類があり、新薬の開発も活発です。個々の患者さんの病態に応じた処方を行っていきます。インスリン治療を開始した方でも、経過によっては経口治療に戻せる可能性もあります。個々の病態、生活パターンなどを考慮し、病状の経過に合わせて最適の治療を考えてまいります。必要に応じて、胸部レントゲン、心電図検査による合併症のチェック、頚動脈の超音波、およびCAVI、ABIによる動脈硬化のチェックなどを行います。


当院では、不定期で「糖尿病を知る会」という少人数の懇話会を実施しております。糖尿病の予防や罹患後の治療につき、院長による説明と質疑を1時間程度で行う会で、費用はかかりません。当院の患者さん以外も歓迎です。 ご関心の方には開催のご案内を申し上げますので、気軽にお問合せください(TEL:03-3721-5222)。